週末は、バイクでキャンプに行こう

TO TOP

2021.04.23

キャンプグルメ

鉄器・スキレットの使用前シーズニング方法まとめ!【OIGEN(及源)ピアット20cm】


rider:shotaro


キャンプと言ったら欠かせないのが、スキレット。
鉄器は、その重さで安定感があり、一度温まったら冷めにくいという、まさにキャンプでの調理にうってつけのギア。
無骨なそのシルエットが、キャンプシーンで映えるんですよね。
キャンプで、スキレットが流行っている理由にも納得できますね。

しかし、買ったばかりでそのまま使っていったり、食器と同様に洗ってしまうと、錆びてきてしまったり、焦げ付きやすくなります。
その無骨さとは裏腹に、手入れが必要なデリケートな側面もあります。

そこで必要なのがシーズニング。

シーズニングとは、

「鉄製の鍋やフライパンなどの油ならし」です。

どういうことかというと、鉄製のスキレットやフライパンの表面を油の膜でコーティングし、酸素を遮断することで、焦げつきやサビを防ぐことです。
鉄器を長く使うためには、最初は必須の工程。

あとは、メンテナンスのシーズニングを繰り返し、「油を育てる」というのが、スキレットなどの鉄器の醍醐味です。

今回、南部鉄器の老舗、「OIGEN」の鉄フライパンを購入したので、それをレビュー(自慢)しながら、
その使用前のシーズニング方法をまとめてみました。

購入したのは、
「OIGEN(及源)ピアット20cm」です。
とにかくかっこいいんで、早くみて欲しい。笑

今回シーズニングする「OIGEN(及源)ピアット20cm」

「とにかく、でかい肉を美味しく焼きたい。」

そんな思いで購入した今回の鉄フライパン。
スキレットだと、でかい肉を焼けるサイズのものは、かさばるし、重い。

その点、この「ピアット20cm」は、汁物こそ難しいものの、でかい肉を焼けるサイズかつ、鉄器である。

そして何より、持ち手部分が取り外し可能で、おしゃれな鉄皿になる。
これがこの鉄器の最大の特徴であるといえます。

中には、鉄器の説明書などが同封されており、シーズニング方法も記載されていました。

持ち手を繋げるとこんなイメージです。
適度な重さで、安定性もあり、実用性も申し分なし。

ちなみに「ピアット20cm」のサイズはこんな感じ。

実際に使ってみたので、使用感はまた次回。

では次からシーズニングの話。
まだ何者にも汚されていない鉄フライパンに、オリーブオイルをたっっぷり塗り込んでやりますぜ。
ふふふ。

このキャンツー記事は、まだまだ続くぜ!!

この記事を書いたRIDER

shotaro

shotaro


本サイトの主です。週末は愛車のCBR400Rに跨り、東海の山々を駆け抜け回ったり、キャンプツーリングに明け暮れたいです(願望)。最近の注目テントはONE TIGRISです。 東海のバイク情報サイト「HAQ portal」、disりのないバイクSNS「RIDEMATE」も運営しています。


明日どこへ走りに行こうか。
絶景を探しにいく?
それとも美食の旅へ?
仲間とワインディングへ?
焚き火を囲みながら、
明日の冒険を決めよう。
目的地はきっとこの中にある。

詳しくはこちら

詳しくはこちら

ツーリングマップル 中部 北陸

CATEGORY

キャンプツーリングに役立つ記事はこちらから!

お役立ち情報

ギアガジェット

キャンツーグルメ

スポット

ACCESS RANKING!

今話題の記事はこちら!

Copyright © 2021 LANTERN RIDERS Inc. All Rights Reserved.