週末は、バイクでキャンプに行こう

TO TOP

2021.07.16

ギア・ガジェット

お湯まで最速!沸騰まで100秒のアウトドアケトル「ジェットボイル フラッシュ」


rider:shotaro


キャンプツーリングライダーを取材し、
バイクでキャンプを楽しむ大人たちに、今一番アツイ自分のお気に入りギアを聞き込み調査。

ライダーたちの、ギアに対するリアルな声を探る「RIDER AND GEAR」。

今回は、このRIDEMATEのライダーでもあるパパっちさんオススメのキャンプアイテムをご紹介。

パパっち


愛車:CBR1100XXスーパーブラックバード

ベストキャンプ場:黄和田キャンプ場

お湯まで最速「JETBOIL(ジェットボイル) フラッシュ」

ベテランキャンプライダーでもある、パパっちさん愛用のお勧めギアは、「ジェットボイル フラッシュ」。

キャンプだけではなく、山岳シーンでも愛用されており、アウトドアショップでもその独特な見た目から、一度はみたことがある人も少なくないはず。

ジェットボイルとは、2001年に生まれたブランドで2021年現在で約20年の歴史があります。

アウトドアで手軽に食事を楽しむための調理器具の開発に着手しました。簡単な器具で素早く調理を行うポイントは、“小さな火力に、最大限の仕事をさせる”こと。

というコンセプトを体現する製品は、わずかな燃料で素早く湯沸かしや調理のできるのが最大の魅力のブランド。

今回はキャンプスタイルから、「ジェットボイル フラッシュ」の特徴や使い勝手を紐解いてゆきます。

ジェットボイルの魅力1:とにかく沸騰までが早い

パパっちさん愛用の「ジェットボイル フラッシュ」最大の魅力は、沸騰までたったの100秒。

「一息ついてコーヒーでも飲もうか。」
そう思い立って、水をケトルに注ぎ、火をかけてたったの1分40秒。

週末キャンプでの限られた時間の中では特に、「速さ」に助けられるシーンが少なくない。

「ジェットボイル フラッシュ」はまさにその代名詞と言えますね。

設営が終わって、一息。

そんな時にはすぐに、お湯が欲しかったりすることも少なくないはず。

リラックスタイムを最大限確保したい。というキャンプスタイルにピッタリ。

バーナーとの設置位置に、エネルギー効率を高める、じゃばら状の吸熱フィン「フラックスリング」という機構があるのが、このジェットボイルシリーズ最大の特徴。

このリングがバーナーの熱を外に逃がさず熱を効率よく、上部へ伝えてくれます。

熱効率は、80%。
一般的なクッカーの熱効率は30〜40%なので、熱効率はかなり高いです。
その上、ガスの消費量がおよそ1/2程度。

小さな火力でも素早く沸騰し、燃費もいいのが魅力。

created by Rinker
ジェットボイル(JETBOIL)
¥16,280 (2021/07/24 11:14:37時点 Amazon調べ-詳細)

ジェットボイルの魅力2:沸騰までを視覚化

「ジェットボイル フラッシュ」は、沸騰までを視覚化するインジケーターがあります。

温度の上昇を色の変化で表示してくれます。

じわじわとインジケーターが上がっていくのを見ると、なぜだかワクワク。

といっても、あっという間にお湯が沸いてしまうんですがね。

バイクキャンプでも、車でのキャンプでも、「速くお湯が沸く」という便利さは共通なので、キャンプの際には必ず持参していくそうです。

今回の使用用途は、あくまでお湯を沸かすということがメイン。

公式では、「ジェットボイル フラッシュ」を使ったレシピ本が出ており、料理の使用もできるため、使えるシーンの幅も広めのギア。

created by Rinker
ジェットボイル(JETBOIL)
¥16,280 (2021/07/24 11:14:37時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥1,320 (2021/07/24 11:14:37時点 Amazon調べ-詳細)

他のジェットボイルシリーズ

JETBOIL(ジェットボイル) ジップ

ジェットボイルシリーズで、コストパフォーマンスを求めるなら、JETBOILジップ。
機能を必要最低限に絞りながらも、ジェットボイルの最大のメリットである高い熱効率はそのまま。

点火はマッチやライターなど、別の熱源が必要なので、ご注意を。

JETBOIL(ジェットボイル) スタッシュ

バイクキャンプにうってつけの、軽量・コンパクトなジェットボイル。
ジェットボイル最大のメリットである高い熱効率はそのままに、バーナー、ガス、スタンドをスタッキングできるのが魅力ですね。
小さい、軽いというのは、バイクキャンプに置いての最重要ポイントなので、キャンプツーリングではかなりお勧めできるギアです。

ジェットボイルジップ同様に、自動点火装置が付いていないため、点火にはマッチやライターが必要です。
また、ガスカートリッジは、専用の「ジェットパワー」を使用する必要があるのでご注意を。


※現在売り切れ

JETBOIL(ジェットボイル) マイクロモ

携行性を重視した軽量モデルで、コンパクトなギアが求められるキャンプツーリングにピッタリ。
気温の低いシーンでも、活躍するサーモキュレーターを搭載しているので、季節を選ばずに使用できるのが嬉しいですね。

POINT!

[ジェットボイル®・クッキングシステム™搭載]
クッカーと熱効率の高いストーブがセットになった簡単便利なアウトドア用調理器具。
クッカーの底のフラックスリングが抜群の熱効率を実現しています。クッカー側面を覆うクロロプレンゴム製のコジー(断熱カバー)によりヒートロスを防ぎ、調理中でもクッカーを素手で扱うことができます。
カートリッジに装着して転倒を防ぐスタビライザーと、専用クッカー以外のクッカーに対応するゴトクが付属します。

引用:https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1824380

created by Rinker
ジェットボイル(JETBOIL)
¥20,350 (2021/07/24 11:14:39時点 Amazon調べ-詳細)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!

この記事を書いたRIDER

shotaro

shotaro


本サイトの主です。週末は愛車のCBR400Rに跨り、東海の山々を駆け抜け回ったり、キャンプツーリングに明け暮れたいです(願望)。最近の注目テントはONE TIGRISです。 東海のバイク情報サイト「HAQ portal」、disりのないバイクSNS「RIDEMATE」も運営しています。


明日どこへ走りに行こうか。
絶景を探しにいく?
それとも美食の旅へ?
仲間とワインディングへ?
焚き火を囲みながら、
明日の冒険を決めよう。
目的地はきっとこの中にある。

詳しくはこちら

詳しくはこちら

ツーリングマップル 中部 北陸

CATEGORY

キャンプツーリングに役立つ記事はこちらから!

お役立ち情報

ギアガジェット

キャンツーグルメ

スポット

ACCESS RANKING!

今話題の記事はこちら!

Copyright © 2021 LANTERN RIDERS Inc. All Rights Reserved.